ダリアについて

「ダリア」 (dahlia) の名は、スウェーデンの植物学者でリンネの弟子であったアンデシュ・ダール (Anders Dahl) にちなんで名付けられています。

メキシコが原産国で、日本には1842年(天保13年)にオランダから長崎に最初に持ち込まれたとされています。

花の形がボタンに似ているため、テンジクボタンという和名もついています。

ダリアは球根で育てるのが一般的で、種から育てると球根の状態になるまでに3年ほど時間がかかります。

参考文献 ウィキペディア 

分類 球根植物
形態 多年草
原産地 メキシコ、グアテマラ
草丈 20~200cm
開花時期 6月中旬~11月
赤、ピンク、オレンジ、黄色、白、紫、複色